MENU

ジーンズが裾上げできるミシンで初心者向けのおすすめは?

 

デニムのジーンズの裾上げが自宅で楽にできると良いな〜と思ったときにどんなミシンを選ぶべきなのかを迷ってしまいます。
洋服のお直し専門の店で直すことが定番でしたが、厚手のデニムを自分のミシンで簡単にお直しできれば便利ですよね。

 

では、どのような基準でジーンズの裾上げができるような厚物縫いミシンを選べば良いでしょうか?
以下のポイントに沿って解説します。

 

厚物縫いに便利な機能を知ろう

 

厚物縫いに便利な機能を知っていますか?
以下の機能が備わっているミシンが厚物縫いには適していると言えます。

 

ただし、メーカーによって備わっている機能と特徴が異なります。

 

【厚物縫いに便利な機能】押さえ圧調節機能

押さえ圧調節機能とは?

文字通り、生地を押さえる強さを調節することができる機能です。
画像の例だと、数が大きくなるにつれて押さえ圧を強く調節することができます。

 

厚みのある生地を縫う時には押さえ圧を強く調節することで生地を送りだすパワーを強くすることができます。

メリット 厚い生地を縫う時に便利なだけでなく、薄地を縫う時にも便利な機能です。

ジョーゼットや伸縮性のある薄地を縫う時に、生地に送り歯の跡が付いてしまったり、ミシン目にしわが寄るなどのトラブル時には押さえ圧を弱くすることで解決できます。

デメリット 厚地、薄地を縫うには適していますが、裾上げの段差を縫うための機能ではありません。

キルト地など平面の厚地を縫うのに適しています。
ジャノメ、シンガーなど、限られた有名ミシンブランドにのみ採用されている機能です。

 

 

【厚物縫いに便利な機能】BOX送り機能

ボックス送り機能とは?

ミシンを縫う時に生地を送りだすギザギザの歯のようなものを送り歯と言います。
この送り歯の動き方が一般的な家庭用ミシンでは楕円なのですが、ボックス送りでは四角形に動きます。

 

このことで送り歯が水平に動き生地に長く接するので、縫い縮みや布ずれ、詰りが改善されます。

メリット 厚い生地を縫う時に便利なだけでなく、薄地を縫う時にも便利な機能です。

段差のある厚みにも十分対応できるモーターのパワーが魅力。
工業ミシン・職業用ミシン専門のメーカーだけあり、口コミ情報も多く評価も大変高く、安心して選べるところがメリットです。

デメリット デメリットは「重い!」の一言に尽きます。その分、頑丈なのですが。

ミシンを動かす可能性のある方は考慮した方が良さそうです。
厚物縫い専門である工業用ミシンのJUKIのみ採用されている機能で、他のメーカーには採用されていません。

 

 

【厚物縫いに便利な機能】段ぬい押さえ機能

段ぬい押さえ機能とは?

一般的な家庭用ミシンでは押さえ自体が上下に動かないため、厚みに引っかかり、針が折れたり生地がずれたりしてしまいました。

 

段ぬい押さえとは生地の段差、凹凸、厚いところ薄いところが混在している箇所を乗り越えられるように押さえそのものを改良した押さえのこと。段差に沿って押さえが動きます。

 

生地の段差に着目したというところが独特で、世界的自動車メーカー・トヨタをバックに持つアイシン精機のみが取り扱う特許申請中の機能です。

メリット 厚い生地を縫う時に便利なだけでなく、段差を縫うために設計された特許の押さえが魅力。

12オンス(やや薄めのデニム生地)なら12枚重ねても縫えると公式発表している頼もしいミシンです。家庭用ミシンなので模様縫いもできるため、「ミシンは何台もいらない」とお考えの方のファーストミシンとして最適です。

デメリット アイシン精機のミシンはジャノメ、シンガー、JUKIほど有名なメーカーではなく、店舗販売されていないので実物に触れる機会が少ないのが残念です。

他のメーカーでは採用されていない限られた機能のため、口コミ情報が少ないです。

 

 

太い糸、太い針が使えるかをチェックしておこう

 

厚物を縫う時は、厚物縫いに便利な機能だけではなく、その機種が実際に何番の太い糸、太い針に対応しているかどうかを知っておくことが重要です。

 

しかし、ミシンの購入前にそこまでチェックできる人はなかなかいません。
そのミシンの限界を知っておけば、購入後にがっかりすることがありませんね。

20番の糸が使える家庭用ミシンなら他のミシンとの差別化ができるますのでメリットは大きいです。

ジーンズの裾上げをするなら20番糸くらいの太い糸だとプロみたいでカッコイイ!

 

一般的な家庭用ミシンで太い糸を縫うなら30番がぎりぎりかもしれません。
当サイトでは20番の糸が使える家庭用ミシンをご紹介していますので参考になさってくださいね。

 

模様縫いの数をチェックしておこう

 

刺しゅうや模様縫いの数が多ければ多いほど、価格に反映してしまいます。(つまり高くなる)
買いたいミシンが決まったら模様縫いの数をチェックするのをおすすめしますよ。

 

予算より高いと言う印象を持ったら、刺しゅうや模様縫いの数が多くありませんか?
そしてその模様縫い、あなたは本当に使いますか?
冷静に考えてみてくださいね。

 

模様縫いの数は販売ページを見れば分かります。機種とメーカーによって、全くバラバラです。

 

 

ジーンズの裾上げや、実用的な用途にミシンを使うのであれば、模様縫いは20種類もあれば十分です。

 

正直、私も模様縫いはまつり縫い、ジグザグ縫いくらいしか使ったことがありません。
刺しゅうや模様縫いの数は、何となく多ければ多いほどお得なような気がしてしまいます。
が、ここは思い切ってリストラしても良い部分です。

 

機能は多機能であることにこだわる必要はなく、シンプルなものがかえって向いています。
多機能のミシン、例えば、刺繍用ミシンなどはデニムの縫製には不向きです。

 

フルサイズのミシンを選ぼう

茶色いミシンがフルサイズのミシン、ピンクのミシンがコンパクトサイズのミシン。両方とも私のミシンです。

 

 

私は両方持っていますが、これからミシンを買おうと思っている方にコンパクトサイズのミシンはおすすめしたくないです。

 

小物ばかり縫うなら良いですが、ちょっと大きいものを縫おうとすると、とにかく「ふところ」が小さくて縫いずらい!

 

基本的に、コンパクトサイズのミシンで厚手のデニム生地を扱うのは困難です。

 

そこで、ジーンズが裾上げできるミシンの基準となるのがフルサイズのミシンであることです。

 

せっかく、デニムジーンズの裾上げを自分でやってみようと思うなら、使い勝手が良く、長いこと使用できるフルサイズミシンを選びましょう。

 

デメリットとして、フルサイズのミシンの場合には重量的に7キロ以上になってしまうこと。
持ち運びの際にやや重いと感じる程度のミシンの場合ミシンのパーツにも金属が多く使われていてモーターの出力が大きくなります。

 

ただ、最近ではモーターの出力に頼らず、押さえの工夫により厚物縫いが可能になったことで軽くて使い勝手の良いミシンもあります!

 

賢い選択をしてくださいね。私がしっかりレクチャーいたしますので^^

デニムジーンズの裾上げに適した家庭用ミシンランキング

当サイトではデニムジーンズの裾上げに適した家庭用ミシンをご紹介します。
あなたのミシン選びの参考にしていただけましたら幸いです!

 

職業用ミシンは厚地に適していますが、直線縫いのみになってしまいます。
裁ち目かがりやアクセントになる刺繍模様がある家庭用ミシンなら一台で使い勝手が広がり、長いこと使うことができます。

 

初めての一台なら家庭用ミシンから選んでみましょう。
価格はあまり安いものはおすすめできません。
かといって高いものではなく、5万円程度で探してみましたのでぜひ参考になさってください。

 

ジーンズの裾上げに特化!スーパージーンズ17

 

【厚物縫いに便利な機能】段ぬい押さえ機能が搭載されています。

 

 

スーパージーンズ17の特徴

 

国内で販売されているミシンの中で唯一ジーンズの裾上げに特化したミシン。
それがアイシン精機のスーパージーンズ17です。

 

家庭用ミシンでありながらミシン針18番とミシン糸20番が使える点が特徴です。(一般的な家庭用ミシンではミシン糸20番の使用は非推奨)

 

このことにより職業用ミシン並みの美しいデニムステッチが実現します。

 

ミシン針18番とミシン糸20番を使うことで、ジーンズの裾上げもプロ仕様に仕上がるのですから嬉しい限りです。

 

ミシンの初心者さんの場合は職業用ミシンではなくこの家庭用ミシンが使いやすくておすすめです。

 

 

価格 ミシン単体 税込 48,384円
重量 5.4kg
機能

ミシン糸20番、ミシン針18番使用可能
デニム生地、厚地対応機能
伸縮性生地対応機能
模様縫い17種類
自動糸切り機能

評価

 

 

スーパージーンズ17の良い所&イマイチな所

 

スーパージーンズ17はネーミング通り、ジーンズの裾上げができるように開発された家庭用ミシンです。

 

「段ぬい押さえ」がついているので、デニムの裾上げも簡単にできるようになりました。

 

「段ぬい押さえ」とはデニムの裾を重ねて縫う時にできる厚み(段差)を乗り越えることができる押さえのことです。

 

 

モーターの強さで厚みを乗り越えているわけではないので軽いのも嬉しいポイントです。

 

「段ぬい押さえ」は特許申請中のオリジナル押さえですので他のミシンメーカーには存在しません。

 

スーパージーンズのイマイチな点としては通販専用の商品となっており、店舗で実際に触ってみて使い勝手を実感してからの購入ができない点があげられます。

 

とは言っても操作もいたってシンプルですので、初心者の方でもすんなりとミシンに馴染むことができます。

 

それにデニムジーンズの裾上げに特化した家庭用ミシンはスーパージーンズ以外にはありません。
スーパージーンズ17は直線縫いだけでなく、ボタンホール、ジグザグ、まつり縫い、飾り縫いも縫うことができます。

 

 

 

JUKIミシンHZL-G100WB

 

【厚物縫いに便利な機能】BOX送り機能が搭載されています。

 

 

JUKIミシンHZL-G100WBの特徴

 

手ごろな価格とBOX送り機能が搭載されているミシンとして、とても人気で良く売れているミシンです。
職業用ミシンを購入するよりも、厚地のデニムが楽に縫えると評判なのが「JUKIミシンHZL-G100WB」です。

 

重量はありますが、厚手の生地をしっかりと縫うことができる点が優秀です。

 

価格 39,800円〜
重量 9.0kg
機能 ミシン糸20番、ミシン針18番使用可能

縫い模様20種類
下糸巻き独立駆動式
自動ボタン穴かがり
糸コマ前面配置

評価

 

 

HZL-G100WBの良い所&イマイチな所

HZL-G100WBのイマイチな所は何と言っても重いところです。

 

9キロを超えますので、家の中に置きっぱなしにできるスペースがあれば良いのですが、使うたびに移動させなければいけないとなると、かなり重労働になりそうです。

 

HZL-G100WBの良い所としては、工業用ミシン技術 「BOX送り」の採用により厚物縫いが得意なところです。
糸コマの位置など細かい配慮が秀逸で、とても便利。作業途中に手を煩わすこともありません。

 

とても外観はすっきりとしていますがアルミダイガストボディーは厚手の布地を扱うときに安定感があります。

 

仕上がりも本格的でとてもきれいな縫い目が特徴のミシンですので、デニムの裾上げを考えたとき、必ず比較したくなるミシン機種です。

 

 

ジャノメ LC7500

【厚物縫いに便利な機能】押さえ圧調節機能が搭載されています。

 

 

ジャノメ LC7500の特徴

 

押さえ圧調節機能が搭載され、ダイヤルひとつで調節が可能です。
ダイヤルに「普通地」「中厚」「厚地」と表示されているため、分かりやすいです。

 

ジャノメ LC7500の特徴は何と言っても家庭用ミシンでありながら「革が縫える」と言う点!
20番の太い針も使用可能なのでジーンズの裾上げもラクラク可能です。

 

レザー針が標準装備で付いてきますので、かばんを縫う方はチャレンジしてみては?
持ち手をレザーで作ってみるだけでも面白い作品ができます。

 

価格 29,800円〜
重量 7.6kg
機能 垂直半回転カマ

ダナー式押え圧調節
ボタンホール1種4段階、模様縫い3種類

評価

 

 

ジャノメ LC7500の良い所&イマイチな所

ジャノメ LC7500のイマイチな所としては模様縫いの数があまりにも少ない点です。
直線縫い、ジグザグ縫い、ボタンホールしかありません。
どちらかと言えば、厚地を縫いたいときの2台目向きかもしれませんね。
ミシンは1台で済ませたい方、ファーストミシンとして購入する方にはおすすめできません。

 

また、一般的な押さえ圧調節機能が付いたミシンであるならば薄地縫いも対応しているのですが、この機種は厚地縫いにしか対応していません。そこも購入の際、要注意です。

 

ジャノメ LC7500の良い所としては、レザーが縫えるという面白さがあるにも関わらず価格が3万円というお安さも魅力。。
また、家庭用ミシンでは珍しい20番の太い針も使用可能です。

 

ただし、レザーが縫えると言っても、期待し過ぎには要注意!
この価格帯のミシンで厚いレザーをガンガン縫いすぎると故障の原因になりそうです。
ソフトレザーの薄い革(1〜2ミリ程度)を縫うくらいにとどめておきましょう。

 

垂直ガマを採用していますので、ご自分で糸調節がしたい方には使いやすいミシンです。

 

ジャノメ 電動ミシン LC7500 の詳細はこちらから

 

コンピューターミシン「モナミヌウアルファSC317」 (シンガー)

 

 

モナミヌウアルファSC317の特徴

 

シンガーの家庭用ミシンの人気機種モナミシリーズの中で最もパワー・貫通力があります。
デニムの裾上げに特化した機種ではないのですが、貫通力から言っても厚地縫いには満足の行く機種だと思います。

 

文字縫いもでき、模様縫いも豊富なのでおよそ家庭用ミシンでできることは可能なオールインワンミシンと言えます。
文字縫いをしてみたい方なら5万円台で購入できる点で魅力の機種になります。

 

価格 59,800円〜
重量 7.7kg
機能 自動糸調子仕様

液晶模様表示仕様
縫い模様数260種類
文字縫いステッチ縫い機能
ニュースレッティッグシステム

評価

 

 

モナミヌウアルファSC317の良い所&イマイチな所

モナミヌウアルファSC317のイマイチな所としては価格が高いところです。
文字縫い機能を全くしない方にはおすすめできません。

 

ただし、縫い模様数がなんと260種類もある実用縫いに強いミシンが「モナミヌウアルファSC317」です。

 

デニム生地を縫い進めるのに必要な貫通力や耐久性については、高額な上位機種に近い性能を持ち合わせているのです。

 

モナミシリーズ最高峰レベルであり、シンガーというミシンブランドがお気に入りの人にとっては頼もしい機能を兼ね備えているオールマイティなミシンなのです。

 

私のおすすめはアイシン精機のスーパージーンズ17!

私のおすすめはアイシン精機の「スーパージーンズ17」です!
何と言っても家庭用ミシンでは珍しいミシン糸20番が使えますのでジーンズの裾上げではプロ並みの仕上げになります。

 

 

ジーンズの裾上げをしたい!という希望を叶えるミシンとして、デニムや厚地に対応している機種はアイシンミシンの「スーパージーンズ17」以外に現在はありません。

 

ミシンに慣れていない私にとって、家庭用ミシンの機能を持ち合わせていて何よりも、ミシン本体の操作が簡単なことに加えて、厚地のデニム生地も縫いやすい機能が備わっていることが決め手になりました。

 

ミシン操作に慣れるためにも、できるだけシンプルな操作ができるミシンはアイシンミシンだと思います。そして「スーパージーンズ17」をつかうことで、気軽にデニムの裾上げができるのも魅力です。

 

帆布生地も縫えますので今までの家庭用ミシンでは縫えなかったおしゃれなキャンバス地バッグも作れます。作品の幅がグーンと広がって手作り作家さんへの夢も実現できそうですね!

 

女優の水野美紀さんも使っているミシンです♪

 

日本テレビ系列「メレンゲの気持ち」に女優の水野美紀さんが出演され、自宅を公開していましたが、その時に愛用ミシンとして紹介されたのがこちらの「スーパージーンズ17」です!

 

水野美紀さんはとても器用に服やバッグなどを作っておられました。

 

2018年3月10日
「メレンゲの気持ち」
水野美紀の趣味 自宅で洋服作りより